concept

江戸時代中期(18世紀中ごろ)〜明治30年代に、
大阪と北海道を、日本海回りで商品を売り買いしながら結んでいた商船群。
その名は「北前船」。

荷物の運搬のみならず、「売り買い」をしていた北前船では、
寄港地で「安い」と思う商品があれば買う。
それが高く売れる港では積み荷を売りさばく…
日本海の荒波をかきわけ、「商売」を行いながら大阪から北海道まで、
途中日本海沿岸の寄港地を訪れながら何度も何度も往復しました。

北前船オンラインショップは、
単なる荷物の運搬に留まらなかったかつての北前船のように
日本海や瀬戸内海沿岸に残る数多くの寄港地・船主集落のコンテンツを
日本全国へつないでいきます。

参加自治体・ご協力いただいている皆様

参加自治体・ご協力いただいている皆様プロフィール

■新潟県 新潟市

日本海に面する新潟市は、古くから人やモノが行き交うみなとまちとして発展し、江戸時代には、北前船(廻船)の寄港地として賑わいました。2019年には安政の修好通商条約で諸外国に港が開かれてから150周年を迎えます。また、繁華街「古町」には、北前船の船乗りをもてなした料亭や芸妓(げいぎ)などの花街文化が今も色濃く残り、かつての繁栄がうかがえます。 信濃川・阿賀野川の両大河に育まれた肥沃な越後平野は、コシヒカリをはじめとする新潟米はもちろんのこと、芳醇な香りととろけるような果肉の西洋梨「ル レクチエ」や、食べ始めたら止まらないブランド枝豆「くろさき茶豆」など多種多様な農産品を育んできました。  このような豊かな農産品や日本海の幸と花街文化の融合から生まれたのが、新潟独自の食文化です。「のどぐろ」や「南蛮えび」などの新鮮なネタが自慢のすしをはじめ、地元で愛される料亭や居酒屋の料理は、「新潟清酒」との相性が抜群。また、卵でとじない甘辛醤油ダレの「タレかつ丼」、トマトソースのかかった太麺焼きそば「イタリアン」などご当地グルメも目白押しです。  おいしいものいっぱいの「みなとまち」新潟へ、皆さまぜひお越しください。

>>詳しくはこちら

■OJAGA DESIGN

オールハンドメイド、MADE IN JAPANにこだわり続けるレザーブランド。東京都立川市にある工房で、革の染色、裁断、手縫いの縫製までを一貫して行い、星のモチーフをアイコンにしたウォレット、iPhoneケース、キーアクセサリーなどのアイテムを展開。国内外のキャラクター、ファッションブランド、スポーツチームなど、様々な企業とのコラボレーションを手掛けており、 綿密にカットされたレザーパーツを幾重にも重ねることで繊細なデザインを精巧に再現している。

>>詳しくはこちら

■鳥取県 鳥取市

日本一の鳥取大砂丘を有する「鳥取市」は、中国山地から日本海へ北流する千代川流域にひらけた鳥取平野に、古く城下町として生まれ、江戸時代は、鳥取藩池田家32万石の城下町として栄えました。明治22年10月1日市制を施行し、以来県都として、また、山陰地方東部の中核都市として、政治、経済、文化の中心となり発展をしてきました。
 平成22年10月には山陰海岸ジオパークが世界ジオパークに認定され、平成24年4月には世界初となる「砂」を素材にした彫刻を展示する「鳥取砂丘 砂の美術館」がオープン。平成26年8月には、鳥取市最大の祭である「鳥取しゃんしゃん祭第50回記念大会」において、“最大の傘踊り”としての世界記録を更新しています。特産品には、二十世紀梨や松葉ガニ、砂丘らっきょうなどがあり、四季折々の魅力であふれています。

>>詳しくはこちら

イベント実績

・10月13日(土)に北前船PRイベント「北前船が渋谷にやってきた!」が開催

第1部大妻女子大学連携プロジェクト交流会、第2部〜船主たちの宴〜が東京渋谷で開催されました。

・北前船寄港地 日本遺産追加認定記念企画展が開催されました

企画展「堀田一族と伏木 〜堀田善衞(よしえ)生誕100年・日本遺産「北前船寄港地」追加認定記念」が高岡市立博物館で開催されました。

>>詳しくはこちら

メディア実績

・9/21(金)放送 NHKの人気番組「ブラタモリ」が寄港地・酒田へ! 

西廻り航路の起点となり、北前船の時代に繁栄を極めた酒田の町。NHK「ブラタモリ」で紹介されました。

>>詳しくはこちら

>> 北前船オンラインショップについてのお問い合わせはこちら


 

参加自治体・ご協力いただいている皆様